歴史から学んでみよう!屋形船の遊びのなりたち

平安時代に屋形船のはじまりがあった?

屋形船といえば、船の上でカラオケをしたり、食事を楽しんだりと宴会のイメージがありますが、屋形船のルーツをたどっていくと平安時代まで遡るそうですよ。当時の遊びとしては随分優雅なものだったようです。船を浮かべてその上で楽器を演奏したり、歌を詠んだり、紅葉や桜が咲く時期などに船を出して水上から景色を楽しんだりといったような遊びが主流だったようです。高貴な人だけが楽しめる贅沢な娯楽だったのかもしれませんね。

江戸時代から現在の屋形船のかたちに

江戸時代は長きにわたり平和な時代が続いていましたよね。当初は大名や一部のお金持ちの人しか船を所有するような余裕がなかったため、一般の人が屋形船で遊ぶことはなかったようですが、町人文化が栄えてくると共に、庶民にも遊びのひとつとして定着してきたのはようやくこの時代からのようですよ。この頃には現在のように川の上で花見や花火を楽しんだり、芸者さんに登場してもらったり、食事や飲み物が提供されるようになってきたようです。

現在は普通の人が楽しめるように

せっかく花開いた屋形船文化なのですが、戦争後はそのような遊びをする余裕もなく、その後の高度経済成長期といわれる頃には川が汚染されたり、川自体が埋め立てられてしまったりと屋形船遊びは一時衰退してしまったようです。しかしその後人々の生活に余裕がでてきた頃に少しずつ屋形船が復活してきたそうですよ。今では冷房も完備されている心地よい空間で、美味しい料理を楽しむことができる、普通の人が楽しい川遊びができるようになりました。

屋形船とは川で船を走らせながら、食事を楽しみながら花火をみたり夜景をみたりすることのできる船のことです。