壁面緑化で壁を綺麗に!壁面緑化で良くなること3点

壁面緑化で夏は涼しく快適に

夏は屋内が暑く、過ごしづらいということもあるでしょう。壁を壁面緑化することで、良いことの一つは、建物の表面の温度上昇を抑えられることです。壁の植物が直射日光を遮ることで断熱効果があり、夏でも快適に屋内で過ごすことができます。温度上昇を抑えるのは建物の表面温度だけでなく、植物の気熱化などにより周辺の環境の温度を下げる効果があります。壁面を緑化することで、建物内は遮熱効果で涼しく快適に冷房の使用回数を減らすこともでき、屋内環境だけでなく、経済的にも良いところがありますよ。

壁面緑化で建物の表面を美しく

自分の家の壁面が汚れていて、殺風景でものたりないという人もいるでしょう。壁面を緑化することで家の外観を綺麗に、自然的に美しく変えることができます。壁面を緑化にする方法として、3つの壁面緑化方法がありますよ。登はん型では、ネットやワイヤーなどの補助材を壁側に設置することで、蔓などの植物を壁の表面に這わせる方法。下垂型では、壁面の上部分などにプランターを取り付け、植物を垂らすことで壁を覆う方法。基盤造成型では、プランターなどに植栽基盤を設置し、登はん型や、下垂型に植物を育成する方法などがあります。

壁面緑化の植物の種類

壁面を緑化するにあたり、どのような植物を選んだ方が良いだろうか、と悩んでいる人もいるでしょう。壁面を緑化させるのに適した植物は沢山あります。多年草、蔓性植物、木本姓植物の3種類に基本的に分類されています。常緑植物を壁面緑化で用いるのが基本ですが、秋にモダンな雰囲気を出したい時は落葉植物を用いるのも良いですよ。植物の種類によって季節の景観を楽しむことができるので、壁面を緑化する時に、じっくりと植物を選ぶと良いですよ。

壁面緑化を緑化する事によって、建物の外観を非常に綺麗にする事が出来ますので、現在では壁面を緑化する事は人気です。